なぜ引越しに「訪問見積もり」が大事なのか

引越し訪問見積01.jpg

    引越しの見積もりを直接家に来て出してもらう方法を、「訪問見積もり」と言います。 インターネットや電話での見積もりも出来ますが、この「訪問見積もり」が非常に重要で、営業担当者が引越し料金を"正確"に出すために必要になります。


    訪問見積もりには準備が必要?
    訪問見積もりは荷物の量を見て、当日使用するトラックの大きさを決めるためにおこなうものなので、部屋の片付けが必要です。
    部屋やクローゼットの中が散らかっていると、いくら慣れている営業担当者でも、荷物量が多く見えてしまい、トラックの大きさを間違えてしまうかもしれません。
    トラックの大きさが大きいと料金が高くなるので気をつけましょう。
    また、他人を家にあげるわけですから、掃除くらいはしておきましょう。

    クローゼットの中などを見られたくないという方は、中にどれくらい何が入っているのかを伝えましょう。

    「タンスやクローゼットの中を、営業担当者に見られちゃうの?」と不安になった、あなた! その心配は無用ですが『何が?』『どれくらい?』入っているのかは質問されるので、中身の確認と整理は、訪問見積もり前にしておきましょう。
    引用:訪問見積もりで格安引越しを実現!強引な営業マンへの対処法もあります!【引越し料金LAB】

    ちゃんと見てもらわないと、トラックが小さすぎて荷物が積みきれず、追加料金を取られるなんてこともあり、トラブルの元にもなりますので気をつけて下さい。


    訪問見積もりの必要性とメリットは?
    訪問見積もりのメリットというと、正確に料金を出してもらえること。
    でも、それだけだと魅力に感じる方は少ないですよね。
    家に来てもらうために、自分の時間も割かないといけません。
    逆にデメリットな気さえしますよね。

    しかし、そんなことはないのです!
    訪問見積もりは、引越し料金を下げるのには絶対に必要!
    営業担当者に値段交渉を持ちかけるのは、このタイミングですから。

    単身引越しの場合は荷物の量が少ないことが多いので、電話のみで見積もりを出してもらうこともできます。
    でも、実際に家に来て直接話をしたほうが、料金が安くなる可能性があります。

    メールやネット上の見積もりだけでOKというところもありますが、多くの引越し業者が訪問見積りをした上で正確な料金を算出するというプロセスをとっています。 そのため、訪問見積りを受けるだけで最大30%程度引越し料金が安くなることも。
    引用:最大30%も安くなる!?訪問見積もりのコツとは?【HOME'S引越し】

    依頼者側が伝えた荷物量を、業者側は万が一を考え多めに設定することがあり、その結果大きいトラックを手配されてしまうかもしれないのです。
    もしかしたら本当に荷物の伝え忘れがあって、「大きいトラックを手配してもらえてよかった」となることもあるかもしれませんが、その確率は低いと思います。

    また、訪問見積もりを依頼するだけで、サカイ引越センターではお米、アート引越センターでは生活用品の3点セットなどをくれるプレゼントキャンペーンもあります!
    思わぬプレゼントがもらえるのも、大きなメリットですね。


    訪問見積もりの注意点
    1点目、見積もりは複数の業者からとりましょう。いわゆる相見積もりです。
    何社かの見積もり金額が出ないと、引越し料金を安くしたいと思ってもできないのです。


    2点目、複数業者から相見積もりをとる場合、業者同士の来る時間がバッティングしないようにしましょう。
    あえて同じ時間帯に呼んで競わせるという方もいるようですが、基本的にはマナー違反となります。
    大体訪問見積もりは荷物が少ない方なら20分程度、荷物が多いご家庭であれば30分~1時間程度と言われています。
    同じ日に業者に来てもらうのであれば、最低でも30分は間隔をあけましょう。


    3点目、「安い!」と思っても即決しないようにしましょう。なぜなら相見積もりを取る意味がなくなってしまうからです。

    引越し料金は定価がないため、相場を知るには相見積もりを入手して、おおよその料金を把握するしか方法はありません。
    比較することが目的ということを忘れずに、営業担当者のうまい言葉に乗せられないようにしましょう。
    見積もり料金を見る時は、全体の料金だけでなく、各項目ごとの料金も把握しておくと交渉の時に有効的です。
    引用:引越し料金を最も安くする3つの方法 [引越し] All About

    4点目、無料ダンボールは契約成立前には受け取らないようにしましょう。
    契約を交わした覚えもないのに、勝手にダンボールを置いていってしまう営業担当者がいます。これもトラブルになりやすく、送り返すときに返送代金を支払って下さいという業者がいるので注意して下さい。


    必要なさそうに思える訪問見積もりですが、引越し料金を安くしたいなら絶対にやったほうがいいです!
    引越しには閑散期や繁忙期がありますが、訪問見積もりで料金交渉をすれば金額の高い繁忙期でも安くすることができます。

    サービスなども交渉次第で、案外融通を利かせてくれますよ。
    納得のいく引越しができるように、じっくり引越し業者の比較して下さいね。