単身引越しの料金相場は?

f37caa19c11c0a012d0bdd4ad1002f82_s.jpg

単身引越しの引っ越し費用は安いだろう、と思っていませんか?
単身引越し費用は、確かに家族引越しの費用と比較すると割安です。
そして、工夫次第でかなりの引越し費用を節約する事もできます。

この記事では、単身引越し費用の相場から、単身引越しの引越し費用をある程度抑える方法をご紹介します。
この記事を読んで参考にして貰えば、びっくりするような値段で引越できると思います。


荷物の少ない単身引越しの料金相場(2tショートトラック)
荷物の少ない単身引越し料金相場  ¥36,500

繁忙期(3~4月)
荷物の少ない単身引越し料金相場  ¥45,000


荷物の多い単身引越しの料金相場(2tロングトラック)
荷物の多い単身引越し料金相場  ¥46,500

繁忙期(3~4月)
荷物の多い単身引越し料金相場  ¥60,000



単身引越しは、荷物の量によって引越し費用が大きく変わる
単身引越しの料金は荷物量によって費用が大きく変わります。
これは単純に荷物量が多くなれば、荷物を積むトラックのサイズが大きくなり、作業内容も増えるので作業員の数が多くなり人件費が掛かるからです。

多くの一人暮らしの引越しでは、1番小さな2tショートトラックで収まると思いますが、ここから更に1つ大きな2tロングトラックになると引越し費用は割高になります。

もし、2tロングトラックになってしまって、どうしても引越し費用を抑えたいのなら、家具などの重い物は難しいですが、ダンボールに梱包された運び易い荷物を宅急便や自分で新しい家に運んで、何とか2tショートトラックに変えて貰う方法も有りだと思います。


単身引越しを出来るだけ安く抑える工夫とは?

単身引越しは荷物が少ない傾向に有るので工夫次第で、引っ越し費用を安く抑える事ができます。

ここからは、そんな引っ越し費用を抑える工夫を紹介していきます。

●荷造り梱包など出来ることは自分でやる
引越業者は、色々な便利なオプションサービスが有ります。
荷造り梱包代行、家電製品の設置や設定など、お金を払えば面倒な手間をサービスとして提供してくれます。
しかし、引っ越し費用の面から見ると、このオプションサービスは出来るだけ自分で行うのが良いでしょう。

●単身割引プランを利用する
引越し会社によっては、単身用の割安プランを用意している所も有ります。
例えば、学割パック、単身引越しプランなどがそうです。
条件が合えば、この様な単身用の割安プランを提供している会社でお願いするのも良いでしょう。

単身用プランを用意している会社は、料金や条件で、単身者に都合の場合が多いのですが、注意点として、これらの単身者用の引越しプランは適用条件が厳しく、少し荷物が多かったり、条件が合わないと使えない場合もあります。
もし、使う場合は訪問見積もりの際に、単身用パックの利用ができるか、しっかりと確認するのが良いでしょう。

●運送会社が行っているコンテナボックスを検討する
日通やクロネコヤマトなどの運送会社の引越しもお勧めです。
これらの運送会社は通年同じ単価で引越しをしているので、繁忙期の際には他の引越し業者と比較した割安な価格で引越しができます。

また、これらの運送会社は、引越しの際にコンテナボックスを使って同じ目的地にまとめて荷物を送れる長距離混載便という方法も取れる場合が有ります。
移動距離にも寄りますが、長距離混載便は条件が合えば、割安に引越しが出来るので、遠距離で引越しをする際には、利用を検討しても良いと思います。

●引越し一括見積もりサイトを利用する
単身引越しの際にも無料引越し一括見積もりを利用して、複数の業者から見積もりを依頼するのが良いでしょう。

今ではネットでも、地域に寄っては電話でも一括見積もりを依頼できます。
複数の業者に見積もり金額を出して貰い参考にする事で、複数の業者の中でも割安な引越し会社で引越しをする事ができます。

●格安業者にお願いする
新居が長距離だと厳しいですが、引越し業者では無く、便利屋さんなどの引越しの格安業者に引越しをお願いし、その格安業者と供に自力で出来るだけ引越しを行う事で、引越し業者に依頼するよりも割安に引越しをする事ができます。

但し、注意として、この方法は値段は安いですが、非常に疲れます。また、トラックをレンタカーで借りる、又は、格安業者から借りる事になるので、トラックの積載量に限りが有るので、余り荷物が多いと難しいと思います。



単身引越しの値段相場や、単身引越しを安く済ませるコツを紹介してきました。
是非、ここで紹介した方法を使って、引越し費用を節約し、新居の敷金などの入居費用に当てて下さい。
貴方の引越しのお役に立てる事を祈っています。