引越し料金の安い時期とは?

引越し料金は安い時期が存在します。

その為、引越しを出来るだけ安く済ませようと思っているのなら、時期調整して安い時期に引越しをするのがベストです。
この記事では、そんな引越の安い時期について解説していきます。
これを読めば、引越し費用の安いタイミングを知ることが出来き、お得に引越しが出来るでしょう。


引越し料金の安い時期
引越し料金が安い時期は、引越しのオフシーズン、逆に引越し料金が高い時期は、引越しのオンシーズンです。

オフシーズンは、引越し業界では閑散期と呼ばれ、6月11月12月1月の時期です。

この引越し業界のシーズンを把握し引っ越し日をオフシーズンの時期に設定する事で、びっくりするような割安な価格やお得なサービスを付けて引越しする事が出来るでしょう。
但し、閑散期でも12月の年末は、引越し需要が一時的に高くなり、引越し料金が割高になるので、気を付けて下さい。


引越し料金と閑散期、通常期、繁忙期の関係
引越し料金は、その時期の引越し需要に応じて大きく変動します。
その関係は以下の様になります。

繁忙期料金高(3月4月)
     ↓
通常期料金中(繁忙期、閑散期以外の時期)
     ↓
閑散期料金安(6月11月12月1月)

繁忙期
仕事関係の転勤や入学、地方への移動など、多くの社会人や学生が一度に移動する3月4月は引越し需要が高くなり、引越し料金の相場も高くなります。

閑散期
逆に人の移動が少ない傾向に有る、6月11月12月1月は引越し需要も低くなり、引越し料金の相場は安くなります。

通常期
上記の繁忙期、閑散期以外の時期は通常期と呼ばれ、引越し需要、料金供に繁忙期、閑散期の中間になります。

繁忙期の時に引越しをする場合は、少なくとも2か月前をおすすめしています。繁忙期は、転勤・就職や進学等により転居する人が多い、3月から4月にかけての期間です。年間引越し件数のおよそ3分の1がこの時期に集中するとも言われています。この時期は大変混み合っているので、希望する日に最適な引越し業者を手配するためには、余裕を持って2ヵ月ほど前より業者に見積もりを依頼して検討を始めた方が確実です。

引用:引越し業者を選ぶ | 引越しお役立ち情報【みんなの見積もり】


引越し費用は閑散期、通常期、繁忙期でどれくらい違うのか?
基本運賃をベースに考えると閑散期と繁忙期を比べると、繁忙期は閑散期よりも引越し料金は倍以上割増になると言われています。
通常期はその間なので、閑散期と通常期を比べると1.5倍程割高だと言えます。
時期によって、引越し料金は倍以上変わってくるので、引越し料金を安く抑えるのなら、引越し時期を選び、引越し料金の特売日と言える、閑散期が狙い目でおすすめです。


引越し時期をずらせなくても、曜日や日取りをずらせばお得に引越しできる
引越し料金の安い時期が分かっても、会社や家族のスケジュールの都合で、時期を選べない方もいると思います。しかし、諦めないで下さい。
人気の高い曜日や日取りをずらして引越日を予約すれば、引越し料金を抑える事ができます。

曜日と引越し料金の関係
引越し需要の高い土日祝日は引越し料金が高くなるので、引越し料金を抑えるのなら避けた方が良いでしょう。

日取りと引越し料金の関係
引越し需要が高まる、大安などの縁起の良い日は、引越し料金を抑えるのなら避けて、仏滅などの日取りが余り良くない日を選んだ方が良いでしょう。

月初と引越し料金の関係
家賃の締め日の関係で月初は引越し需要が高まり、引越し料金も高くなります。引越し料金を抑えるのなら月初は避けた方が良いでしょう。

引越し需要は月末か、それ以外かによっても変わってきます。
賃貸住宅は多くが月末までの契約になっているため、契約が満了してか引越ししようと思う人が多いからです。

また一日のなかでも、朝一番からの作業に引越し需要は集中します。
朝一番から引越し作業をはじめれば、一日を有効に使えることになるからです。

また仏滅などは、引越し需要は少なくなります。
反対に、大安は、引越し需要が多くなります。

引用:季節や曜日によって引越し料金がちがうのはなぜ?


複数の引越会社に一括見積もりする事が大切
引越し料金は時期や日取りによって変動します。
引越しは様々な人の需要に影響されるので、適切な引越し料金を調べるのは、とても難しいです。
その為、無料一括見積もりサイトなどを使って、複数の引越会社に見積もりを依頼し、その時の平均価格を把握して、適正料金で引越しをお願いするのが良いと思います。

引越し料金は時期によって大きく変動します。
その為、出来るなら有給休暇を使うなどして、閑散期に引越しをするのが良いでしょう。
また、時期をずらせなくても、曜日や日取りを選べば、引越し料金を抑える事が出来るので、この点も考慮して、引越し日を設定し、お得に引越しをするのが良いと思います。