引越し業者との交渉方法は?

6b0bf115e0c24e772e4d0a0f61c2b699_s.jpg

引越し業者に見積もりを依頼すると、営業マンが訪問見積もりに来てくれて、見積もり料金を置いていきます。
そして、その金額を参考に考える方が多いと思いますが、実は引越し料金 は交渉の余地が多いにあります。
やり方次第では、当初の見積もりよりも大幅に割引きされる事もあります。
この記事では、そんな引越し業者との交渉方法について解説していきます。
これを読み参考にすれば、引越し業者に手強いお客だと思われ、有利な条件で引越しする事が出来るでしょう。

上から目線の横柄な態度を推奨するわけじゃありませんが、値引交渉をするには多少強気な姿勢を望むようにしましょう。

値引交渉を苦手としている人も多いようですが、あくまでも決定権はお客であるあなたにあることを忘れてはいけません。

引用:引越し料金の値引き交渉は強気で!【グッドホームナビ】



有効な交渉方法は?
ここでは引越し料金の交渉に有効な2つの交渉方式について解説します。
この2つの方法のどちらかを使っても良いですし、この方法を参考に独自の交渉方法を探り実施するのも良いと思います。

オークション方式による価格交渉
①初めの準備として一括見積もりサービスを利用して、3~4社に引越しの見積もりを依頼します。この時、出来るだけ大手の引越し業者に依頼するのが良いでしょう。

大手の引越し業者は、お互いにライバル関係である場合が多いので、後で行う交渉の際に、お互いを引き合いに出すことで、より良い条件を引き出し易くなります。

②初回見積もりを受け、複数社の見積もり書を手に入れる、この時、絶対にその場で即決せずに、後日連絡すると答える。
③それぞれの見積もり料金を見て比較し、まず1番高い引越し料金を提示した企業に電話を掛けて、他社の見積もり価格を引き合いに出して、値下げ交渉を行います。
④③を複数回繰り返せば、最安値に近い限界価格の見積もりを引き出せるでしょう。

この方式は、複数社の中で一番安い金額を提示してくる企業が現れる最後まで行えば最安値に近い見積もりを入手できますが、これは結構心理的に疲れると思います。
また、複数社に何度も連絡を取るので時間も掛かります。
その為、予め自分の希望額を決めておき、そこに達する見積書を手に入れたら、そこで良しとする、という具合に決めて置くのが良いと思います。


ゲーム理論方式による価格交渉
①まず、初めに一括見積もりサイトなどを使って、3~4社に引越しの見積もりを依頼します。
②訪問見積もりに来た営業マンに「複数の引越し業者が見積もりに来ます。そして、それぞれ初めに出して貰った見積もり金額の中で、一番安い金額を提示した会社にお願いします。」と伝えます。
③②の内容は、営業マンからすると仕事を獲得する為には、最安値の価格を提示するしかないということになります。
④全ての訪問見積が終わり、見積書が出揃った頃には、自ずと最安値付近の見積書を手に入れられます。


交渉する上での注意
引越し業者は基本的に仕事が欲しいので、多くの場合に交渉に乗ってきます。
しかし、無理に話を進めては上手く行くものも行かなくなるでしょう。
ここでは交渉をする上で気を付けた方が良い注意点を紹介します。

交渉する気を全面に出さない
価格交渉を行う気配は、見積もりが出揃うまでは隠しておいた方が良いでしょう。
交渉してギリギリまで安くしてやる!と思っている気配を感じれば、営業マンは交渉される事を前提とした見積もりを出してくるかもしれません。
初回見積もり時は、大人しくしているのが良いと思います。

電話見積もり企業は除外
会社によっては、電話で見積もりを行う簡易見積もりを採用している所もあります。
このような企業は、営業マンと直接交渉が難しいので、価格交渉を行うのであれば、初めから除外した方が良いでしょう。

決定権を他者にしておく
価格交渉で即決は最後の手段です。
即決すれば交渉の余地は無くなります。
営業マンもそれは分かっているので、あの手この手で即決を促してきます。
この即決を上手く避ける方法として、決定権が他者にあることにする、という形を取ることをオススメします。
決定権が他者にある事にすれば、その場では即決する事ができない、と言うのは当然でしょう。
後からの交渉の為にも、その場で即決はせずに、決定権が他者にあることにするなどの方法で、やり過ごすのが良いと思います。

引越し業者に条件提示を迫る
いよいよ、価格での交渉が難しくなり、これ以上下がらない様な形になったけど、まだ何とか値下げをして欲しい!という時には、素直に引越し業者側に、今より値下げする為にはどうしたら良いのか?と聞いて値下げ条件を引き出すのも有効です。
引越し業者としては、引越日、サービス内容、特典の見直しなど、色々な値下げ余地の方法がありますので、どうしても、という事なら、この方法で交渉してみるのも有りだと思います。



引越し料金は交渉する事で多少安くする事ができます。
私個人としては、交渉せずひ引越し料金を決めるのは、もったいないと思います。
しかし、余りにも交渉に頑張りすぎて疲れてしまってもいけません。
あまり真剣にならずに、交渉を楽しめるくらいのスタンスで臨むのが良いと思います。